2015年05月08日

地籍調査事業という国家プロジェクトを知っていますか?









土地診断コンサルタントの杉森真哉です。


先日こんな新聞記事が報告されていました。

http://megalodon.jp/2015-0508-1714-46/www.nikkei.com/article/DGXLASDG05H1V_V00C15A5CR8000/










我が国では、戦後昭和30年代から土地の境界を確定する地籍調査という国家プロジェクトがあります。


元はといえば、明治時代初期の地租改正事業で、いったんは日本全国の地図整備をしたものの、その精度はいい加減だったのです。
その当時では仕方が無いのかもしれませんでしたが。

縄で測量したから現況と長さが違う
とか
賄賂を渡して作為的に長さや面積を変えたから
とか
真偽はよく分かりませんが。


そして再度、日本全国を測量し、土地の境界を確定した図面を整備しようということだったんですが、昨年4月時点の整備率は東京で19%、大阪12%、名古屋21%しか進んでいないことがわかったんです。


権利関係や土地値が高い大都会ほど、なかなか境界確定が進まないんですよね。
だって面積が減ってしまうと、資産価値も落ちる可能性がありますから。


固定資産税の課税も原則は登記されている地積なのです。















政府は以前2013年までに都市部での測量を完了させようと計画していたのですが、案の定計画通りに進んでいません。


最も低い場所に至っては、横浜の6%でした。


 法務省の担当者は「都市部は狭い地域に多くの地権者が存在し、境界画定に理解を得るのが難しい」と説明していますが、今後も難しいでしょうね。






------------------------------------------------------------------------
住まい(不動産・土地) ブログランキングに参加しています。
是非皆さまの土地診断の疑問についてお役に立てるように記事を書いています。
クリックをしていただけたら幸いです!

住まい(不動産・土地) ブログランキングへ
------------------------------------------------------------------------
posted by 土地診断コンサルタント 杉森真哉 at 17:18 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。